CATEGORY B級漫画

人妻エロ漫画 B級漫画12 一族のしきたり 1夜目

■あらすじ
「白眼」と呼ばれる特殊な力を持つ一族には、
その力を絶やさぬように、代々行われてきた「しきたり」があった。

それは「白眼」の力を持つ本家の娘が
婚姻後、夫の家系の子を成した後は
一族のための子を作る儀式を行うというものだった。

月に3日、最も子を成しやすい日に一族の用意した「受精屋敷」に入り
同じ一族の分家である男とまぐわい「受精の儀」を行う。

その日、分家の●●は、心を躍らせながらその受精屋敷にやってきた。
憧れの女性とそのしきたりを行える日がやって来たのである。

本家の娘は慣れたようにその●●を自分の中に導き
そのまま儀式を開始する。

●●は、その若い猛りを娘にぶつけ
娘もまたその熱に当てられているようだった。

儀式は、何事もなく行われていくと思われたが・・・

その儀式を影で覗き見る男の影が存在したのだった。

■注意事項
本作品は、竿役が「●●●」、「汚いオヤジ」と少し特殊なものとなります。
少しですが、NTRぽくも見えますので
そう言ったものに耐性の無い方は、ご購入をお控えください。

■作者
b-kyu(Twitter:@Bkyusite)

■詳細
————————————————
ページ数 本編63ページ
解像度 2839×4000
ファイル形式 png,pdf
————————————————