CATEGORY 人妻専門!絶倫ジジィの敏感グリグリあん摩術〜ナカのツボまで刺激しないでぇ!〜

人妻エロ漫画 人妻専門!絶倫ジジィの敏感グリグリあん摩術〜ナカのツボまで刺激しないでぇ!〜(フルカラー) 6

『人妻専門!絶倫ジジィの敏感グリグリあん摩術』第6巻!

【一流クラブのママが抱える悩み】
ある政治家に施術をした縁で紹介された高級クラブのママに、
自分もマッサージをしてほしいと自宅マンションに招かれた高杉。

一流ホステスとして常に周囲に気を配る生活で、
知らず知らずストレスを溜め込んでいた彼女。
高杉の手で丁寧にナカまでほぐされていくうち、
抑え込んでいた欲望を自覚して…。

「私のココも…解してほしいの…」

高杉の太いモノに跨がり、腰を振る彼女の、真の望みとは…?

【欲情ナースに深夜の処方箋】
自転車との接触事故で腰を傷め、短期入院中の高杉を担当するのは、
夫の粗チ◯に不満を募らせる人妻ナース。

高杉の鍛え上げられた肉体に欲情してしまった彼女は、
職場でこっそり高杉のソレを思い浮かべながらオナニーに耽ってしまう。
さらにそれだけでは飽き足らず、消灯後の高杉の病室へ。
そこでは、事態を見越した高杉が準備万端で待っていた!

立派なペ◯スを頬張り、さらにアソコを濡らす彼女の欲求を満たすため、
高杉は病室のベッドで、あらゆる角度からナースを攻めまくる…!

【海辺での一幕…健康サーファー妻が大声で】
オフシーズンの海辺の町。
帰りのバスを待つ間、家に招いてくれた快活な人妻に
お礼として施術をすることに。

せっかくなら…と海の見えるテラスで優しくツボを押されるうち、
彼女はだんだんソノ気になってきて…。

「最後までシてくれなきゃ…駅まで送ってあげないんだから!」

すぐそこにサーファー客もいる海岸で
しっかりとほぐされ、挿れられ、大きな声でイキまくる彼女には
叶えたい夢があった…。

以上、豪華三本立て!

フルカラー:77P
著者:森見明日

人妻エロ漫画 人妻専門!絶倫ジジィの敏感グリグリあん摩術〜ナカのツボまで刺激しないでぇ!〜(フルカラー) 8

『人妻専門!絶倫ジジィの敏感グリグリあん摩術』第8巻!

【方言美人局妻が手に入れた新しいスリル】
引き続き宮崎に留まる高杉を狙う美人局夫婦。
施術をネタに強請りをかけようとしていたけれど、
密かな身体の悩みを言い当てられた妻は、
ついでだから…と、それを解決するための施術をしてもらうことにした。

スリルを得るために美人局をしていた彼女は、
盲目の老人に触れられ、快楽を覚えることに次第に夢中になっていく。

「子宮が…勝手に動いちょるっ…
まるでジジィの精◯を吸い出そうとしてるみたいに…!」

素朴な方言が艶めかしい人妻の絶頂は続き…。

【この先が知りたい! スランプ芸術家妻】
南の地で創作活動に打ち込むアーティスト妻は、
原因不明のスランプに陥っていた。

夫の気遣いで彼女のもとを訪れた高杉に
絵の具の匂いのするアトリエで身体をほぐされるうち、
快感に素直になっていった彼女は、
そのテクニックで初めての大量潮吹き絶頂。

そしてインスピレーションの糸口を見つけた彼女は
真っ白なキャンバスの前で、熱い高杉の施術棒で
後ろから貫かれることを望み…。

あん摩師高杉の宮崎出張編・完結!

【買っても買っても満足できない妻の悪癖を正すには…】
ダンボールが積み上がったアパートの一室に住む、
ネット通販依存の人妻。
夜の仕事でその費用を稼ぐべく、美容のために高杉を呼んだ。

自身の買い物依存は病気ではなく単なる癖であり、
それを上回る快楽で上書きする必要があることを説かれ、
彼女は高杉に「挿れて」と迫る。

奥まで何度も突かれる快感を貪っていたその時、
いつもの宅配便男子が玄関先にやってきた…!

恥ずかしい声や音を抑えようとして敏感になる身体は
さらに激しくナカで動かれ、もう快感の限界に…!

以上、豪華三本立て!

フルカラー:77P
著者:森見明日